絶縁技術でパワエレの未来へツナグ

HOME > 会社情報

ご 挨 拶
Message

確かな絶縁技術に支えられた絶縁デバイスで、安心かつ安全な暮らしや産業に貢献いたします。
確かな絶縁技術に支えられた絶縁デバイスで、安心かつ安全な暮らしや産業に貢献いたします。

日本パルス工業は、確実で信頼性の高い絶縁が要求される、鉄道車両や電力送電設備などインフラ設備を中心に、エレベータや工場の生産ライン、最先端の半導体製造装置などに向けた、トランスをはじめとする絶縁デバイスの開発と製造を続けてまいりました。

品質要求の厳しい顧客に磨かれた当社製品は、社会や産業を支えるあらゆるパワエレ製品に幅広く使われております。
当社は絶縁技術のスペシャリストとして、現状に満足することなく、お客様から頂いた課題をひとつひとつ解決しながら、さらに高い絶縁技術の構築を目指してまいります。
装置の大容量化に伴う高電圧化における、高部分放電耐量のご要求に答えるため、これからも、パワエレ機器を陰で支える絶縁デバイスメーカーとして、たゆまぬ努力を続けてまいる所存です。

今後とも変わらぬご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 吉田 雅治

会社概要
Corporate Profile

企業概要

商号 日本パルス工業株式会社(Nihon Pulse Industry Co.,Ltd)
創業 昭和35年8月
設立 昭和45年5月20日
資本金 2,500万円
役員 代表取締役社長:吉田 雅治
専務取締役:菅 邦充
取締役:高橋 章
取締役:吉田 真佐子
監査役:鈴木 一太
従業員数 65名
事業内容 DCPT
アイソレーションアンプ
ゲートドライバー
電源ユニット
DC/DCコンバータ
高周波トランス及びリアクトル
低周波トランス及びリアクトル  等の開発・製造・販売
取引先銀行 三菱UFJ銀行 野方支店
みずほ銀行 鷺宮支店
西武信用金庫 鷺宮支店
須賀川信用金庫 古殿支店

事業所

本社 〒165-0032 東京都中野区鷺宮2-5-5
TEL:03-3337-3494 
FAX:03-3310-1870
パルス事業本部 〒177-0045 東京都練馬区石神井台7-26-17
TEL:03-3594-2111 
FAX:03-3594-2261
福島工場 〒963-8302 福島県石川郡古殿町大字山上字宮前350-2
系列会社 ジェーピーシー株式会社

一般事業主行動計画の概要

目標
  • 1. 所定外労働削減のための措置の実施
    小学生未満の子を持つ社員が、希望する場合に利用できる「所定外労働をさせない制度」の実施。
  • 2. 子供が生れる際の父親の休暇取得の促進と、取得に向けて職場への啓発を実施する。
  • 3. 若年者に対するインターンシップ等の職場体験機会の提供
  • 4. 諸制度の周知・情報提供及び相談体制の整備(現状以上の周知徹底を図る)。

アクセス <パルス事業本部>
Access

西武新宿線 武蔵関駅下車 北口より徒歩8分

沿 革
History

昭和35年 8月 東京都豊島区内にキャンドル商事株式会社を設立
電気部品の輸出業務を開始
昭和39年 5月 ジェーピーシー株式会社と商号を変更し、中野区内に工場を新設
特殊トランス、パルスユニットの製造を開始
昭和39年10月 パルストランスSDシリーズの製造、販売を開始
昭和45年 5月 ジェーピーシー株式会社の産業機器用トランス部門を分離独立させ、
パルス部品の専門メーカーとして日本パルス工業株式会社を設立
昭和46年11月 モールド型パルスユニットの製造、販売を開始
昭和48年11月 高周波高耐圧パルストランスの製造、販売を開始
昭和50年 3月 モールド型高周波パルストランスとモールド型ゲート駆動ユニット等が国鉄、
私鉄の車載用部品として採用
昭和53年 1月 DC-DCコンバータ、スイッチングパワートランス、チョークコイル等の製造、
販売を開始
昭和56年 5月 アイソレーションアンプの製造、販売を開始
昭和60年 1月 東京都練馬区に生産部門を移転。パルス事業本部を開設
昭和60年 9月 パワーMOSFETゲートドライバーの製造、販売を開始
昭和63年 3月 表面実装用チップトランスの製造、販売を開始
平成 2年 2月 IGBTゲートドライバーの製造、販売を開始
平成 3年 7月 福島県古殿町に福島工場を新設
平成 5年 7月 GTOゲート駆動用高周波高耐圧パルストランスの製造、販売を開始
平成 8年10月 業務拡張の為、福島工場を移転、新築
平成13年 7月 高精度DCPT販売開始
平成18年 5月 SiC-FET素子用ゲートドライバーを開発
平成22年 3月 福島工場環境マネジメントシステム「みちのくEMS」を取得
平成22年 4月 業務拡張のため福島工場に生産ライン1棟増設
平成26年 7月 高精度型DCPT累計50,000台納入達成
自給型DCPT累計50,000台納入達成
平成26年 7月 SiC-FET用ゲートドライバーの製造・販売開始
平成29年 4月 業務拡張のため福島工場に資材棟1棟増設
平成30年 4月 HVIGBT用ゲートドライバー開発
平成30年 7月 業務拡張のため福島第二工場を新設
令和元年 7月 電力系統保護リレー用入力変換ボードの商品化