確かな絶縁技術でパワエレの未来を支える
Homeサイトマップ

日本パルス工業株式会社

お問い合わせはお気軽に:03-0549-2111 お問い合わせフォーム

Home > 技術:部分放電技術

部分放電技術

部分放電技術について

パワーエレクトロニクスの分野において、
ますます強まる大電力化傾向。

主回路電圧も当然、高電圧化しており、この領域に使用されるトランスへの信頼性に対する要求も高まっております。
日本パルス工業は、信頼性を測る尺度としていち早く部分放電測定をご提案。
1991年当時はまだ早過ぎたご提案も、今では欧州安全規格「EN50178」において、絶縁部品・素子への部分放電測定が要求されており、そのニーズが急激に高まってきています。当社では、汎用品・特注品を問わず全数検査を実施しておりますが、ご要望に応じ更に部分放電測定を実施するなど、信頼性を追求したパルストランスをご提供しております。とりわけ高電圧領域における高信頼性を求められるお客様に対し、次のような製品の開発を進め、個別対応させていただきます。

ソリューション例 1

■高圧回路のスイッチング素子用ゲートドライブトランス
 <高信頼度部分放電耐量トランス>
■部分放電開始電圧1.5kV〜8kVに対応

製品例

AHRシリーズ
(Advanced High Reliability Transformers)

コイル部を独自の製造方法で樹脂モールドした高絶縁・高信頼性トランス

特長

■小型
特殊ボビンの採用により、絶縁構造の小型化に成功
■部分放電耐量
新方式による良好な樹脂充填を可能とし、従来より小型にもかかわらず、高い部分放電耐量を実現(当社比較)
AHRシリーズ

AHRシリーズ

ソリューション例 2

■高電圧信号検出用アイソレーションアンプ
■部分放電開始電圧3900Vまで対応

製品例

VDAシリーズ

4500Vまでの高電圧を直接入力可能なアイソレーションアンプ

特長

■高耐圧
小型ながら5750V、11000Vの絶縁耐圧を実現
■高い信頼性
長時間に渡る信頼性評価試験をクリアー
VDAシリーズ

VDAシリーズ

VDA11K

 

このページのトップへ戻る